みんなの保育の日

第一回みんなの保育の日2017 ~子どもは社会で育てよう!~

2017.04.19 Wed. 六本木ニコファーレ
Message
メッセージ
くまのぬいぐるみ 赤ちゃん スプーンとフォーク

昨年「保育園落ちた日本死ね」事件を機に、社会が大きく保育に注目しました。これを一過性のものとせず、社会全体で子どもの育ちを支え、保育環境を向上する機会にしたい。私たちはそう考えました。
そのために、保育事業者だけでなく、メディア・行政・政治、企業、あらゆるステークホルダーが自分ごととして保育を考え、関わる場を生み出し、「子どもを社会みんなで育てる」ムーブメントを創り出していきます。

“みんなの保育の日”とは?

「保育」=「子どもを社会みんなで育てること」 「保育」

「子どもを社会みんなで育てること」

保育関連業界で働く人、行政政治、メディア、そして子育て中の人から普段子どもと関わる機会はないと思い込んでいる人まで、あらゆるステークホルダーが自分ごととして保育を考え、関わる場を生み出し、「子どもを社会みんなで育てる」ムーブメントを創り出していくスタートの日とします。
4月19日が4(フォー)19(いく)であることから、同日を「みんなの保育の日」(※日本記念日協会に正式認定取得済)とし、イベントの開催日としました。

みんなの保育の日開催概要
日時
2017年4月19日(4(フォー)19(いく)=保育)水曜日 13:00~20:00
場所
六本木ニコファーレ
参加
どなたでも出入自由 参加無料 (会場収容人数150人程度)
放送
ニコニコ生放送での全国に向けたネット生中継あり、各主要メディア撮影あり
ニコニコ動画で視聴する

お子様連れの来場について

当日、会場に授乳室・オムツ替えのスペースをご用意しています。
(会場内に、ちょっとしたこどもの遊びスペースも設置予定です)

プログラム
  1. 開会の挨拶 主催者挨拶・東京都知事小池百合子様より応援メッセージ
  2. こどもみらいラボ ~「地域で子どもを育てる」~
    ・モデレータ:鎌倉女子大学小泉裕子教授
    ・パネリスト:株式会社グローバルキッズ取締役 田浦 秀一
           茶々保育園グループCEO 迫田 健太郎
    株式会社グローバルキッズ取締役 田浦 秀一 茶々保育園グループCEO 迫田 健太郎
  3. “今年も保育園落ちたけど…
     日本死んだら困るよね?”
    〜「子どもに冷たい日本が、ますます少子化になる歪んだ政治」〜
    モデレーター:日経DUAL編集長 羽生 祥子
    登壇者:治部 れんげ/境 治/
    治部 れんげ 境 治 〜「パネルトーク」〜
    モデレーター:日経DUAL編集長 羽生 祥子
    登壇者:保育園増やし隊@武蔵野市の父母/日経DUAL読者他
  4. 親・子ども・先生
    きずなプラスプロジェクト
    〜『伝えよう。先生への「ありがとう」』表彰式〜
    プレゼンター:フォトクリエイト

    全国約4,500件の園・学校に導入されている、 スクールフォト向けインターネット写真販売サービス「スナップスナップ」が、写真を通じた子どもの周囲のコミュニケーション深化を目指して発足した「親・子ども・先生 きずなプラス プロジェクト」の取り組みの一環として実施した企画です。

    全国の保護者から先生への感謝の気持ちを伝える写真・メッセージを募集し、特設サイトで公開中。みんなの保育の日では、多くの方から「共感」を得た作品を発表し、先生を表彰します。
  5. 保育イノベーター10組による
    プレゼンテーション
    プレゼンター:
    てぃ先生/こども法人キッズカラー 雨宮 みなみ/manma 新居 日南恵/天野タエ/こどもみらい探求社 小笠原 舞/フローレンス 石川 廉/フォトグラファー石田 直之/他
    保育士 てぃ先生 こども法人キッズカラー 雨宮 みなみ manma 新居 日南恵 こどもみらい探求社 小笠原 舞 認定NPO法人フローレンス 障害児保育事業部 サブマネージャー 石川 廉 フォトグラファー 石田 直之 「子どもは社会で育てよう!」というコンセプトに沿った活動をしているパイオニア・チャレンジャーの方々が次々登壇し、一人10分程度で、ご自身のアイデア・活動を社会に向けてプレゼンテーションを行う内容です。
  6. 厚生労働大臣塩崎恭久氏
    トークセッション
    ~「政府は、徹底的に、子ども・子育てを応援します!」~
    モデレーター認定NPO法人フローレンス代表理事駒崎弘樹
    ※当日やむを得ない事情により予定変更の場合もございます
  7. 閉会の挨拶
登壇者プロフィール
共同主催
お問い合わせ
info@419.jp

お問い合わせは上記までご連絡ください。